PICK UP

PICKUP EVENT

ワカツキ タクミ Birthday Party

~Open your eyes~

・mahocast( https://www.mahocast.com/at/live/478/4961

※ご参加は無料登録が必要です。
下記URLにて無料登録をお願いします。
https://www.mahocast.com/jn/listener


配信TICKET: ¥1,100-(税込/100ストーン)



<CAST>
ワカツキ タクミ
<GUEST>
サンズトラック

【SHIBUYA COMPLEX #13 -ONLINE FEST-】

09/12(土)& 09/13(日)15:00〜配信START!!

・mahocast( https://www.mahocast.com/ )にて配信!!

☆配信チケットURLはこちら https://www.mahocast.com/ce/custom/complex

※ご参加は無料登録が必要です。
下記URLにて無料登録をお願いします。
https://www.mahocast.com/jn/listener


配信TICKET: 1日券 ¥1650- / 2日間通し券 ¥2750-(各税込)



<CAST>
◯9/12(土)
イチノイー
e:cho(Live)
極楽ドルチェ
孤独ナ音霊ハ夢ヲ見ル
daTTTo
透明標本(Live)
Junkbar

◯9/13(日)
Cartilage
田中万葉
PUMPKIN JAMPACK(Live)
FlatLandCoil
VELONICAL MODE
YAS33
ぱるてのんず

提供:ハイネケン・キリン株式会社

【 渋谷GUILTY支援企画!享楽屋 】

00/00

前身バンドの頃から、GUILTYには欠かせない「Cartilage」のVo.空詩さんが旗を振り、
当店支援のためのTシャツを販売して、売り上げを寄付してくださることになりました。
是非ご覧ください。
空詩さん、へちまさん本当にありがとうございます。

デザイン:へちま
販売元:享楽屋

《販売ページ》https://kyorakuya.thebase.in

《寄付報告Twitter》http://twitter.com/karashi_1125

【 チャリティプロジェクト by VELONICAL MODE 】

00/00

VELONICAL MODEが、渋谷GUILTY救済のためにチャリティーデジタルコンテンツを
作成してくれました!
ぜひご覧ください。

VELONICAL MODE

ご購入ページ↓
https://forms.gle/HzmuToaBsoWu8fcs5

【 ライブハウス支援プロジェクト「LIVE FORCE, LIVE HOUSE.」】

00/00

ライブハウス支援プロジェクト「LIVE FORCE, LIVE HOUSE.」
GUILTYは、LFLH第2次支援より参加いたしました。プロジェクトの目的等ご賛同いただけると嬉しいです。

<プロジェクトの目的>
 ライブハウスは、リスナーにとってもアーティストにとっても生きがいや心の支え、生きる力”LIVE FORCE“を与えてくれるところ。今回のプロジェクトは、その”LIVE HOUSE”を支援するためのリスナーやアーティストが参加できる公正なプラットフォーム作りを目的とします。

<支援の仕組み>
 4月27日(月)より、各地のライブハウスへ支援金を送金するプラットフォームを提供。このプロジェクトにご賛同いただける支援者の方へピンズ(ピンバッジ)を販売し、そこから得られた利益全額を支援金としてライブハウスへ送金します。※プラットフォームのご利用方法は後述。
 まず第一回の緊急支援としてROCK/POP系のバンドが主に出演している全国の独立系のライブハウス約350店を支援対象に、ピンズの販売を開始します。その後は支援するライブハウスを追加しながら継続的な活動を行っていきます。
LIVE FORCE, LIVE HOUSE. Project サイト
http://liveforcelivehouse.com

(第2次支援期間: 5/15(金)18:00~5/31(日)23:59)


<プロジェクト協力企業>
株式会社マウントアライブ、株式会社ジー・アイ・ピー、株式会社クリエイティブマンプロダクション、株式会社キョードー北陸、株式会社サンデーフォークプロモーション、株式会社キョードー大阪、株式会社夢番地、株式会社デューク、株式会社キョードー西日本、株式会社ワールド・ワイド、株式会社SKIYAKI、株式会社エンノシタノチカラモチ、株式会社スペースシャワーネットワーク、タワーレコード株式会社

全国でのイベントの自粛や中止をうけ、それぞれのローカルのシーンと結びついて最も身近に音楽を楽しむ場所であり、音楽が生まれる場所でもあるライブハウスが経済的なダメージを受け続けており、しかも長期化の様相を呈しています。是非、みなさんのプロジェクトへの賛同とご協力をよろしくお願いします。